<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
バラの季節。
ばら-いおり380.jpg

こんばんは。
毎日があっという間に過ぎてゆき、
下書きしていた記事もUPし忘れて、
気がつけば、もう2週間もUPしていないなんて・・・。絶句。

来週末(6月4.5日)は、いよいよ「Go Green Market」が
調布の京王フローラルアンジェで開催されます。
公式HP http://go-greenmarket.blogspot.jp/p/ggm.html
herissonも出店させて頂きますので、
ぜひ、お時間が許しましたら遊びにいらしてください。

さて、herissonの菜園もとても美しい季節になりました。
今年もバラとクレマチスが元気に咲いてくれています。
最初に咲いてくれたのは、「いおり」。
照りのある丈夫な葉を持ち、たくさんの蕾をつけてくれます。

いおり380.jpg

上品なベージュカラーの花色も好き。

バロンギロンドレイン380.jpg

大好きなオールドローズ「バロン・ジロン・ドレイン」。
菜園で少しずつ太く大きな樹になっています。
この白い縁取りが好きなんです。夕暮れ時の一枚。

クイーンオブスウェーデン380.jpg

そして菜園で大きな株になっている、
「クィーン オブ スウェーデン」とその後ろは、「コーネリア」。
「クィーン オブ スウェーデン」は、ベビーピンクのような、
とっても優しいピンク色で、花柄を切ってあげると、
次々と新しい蕾をつけてくれる、丈夫で優秀な品種。
香りもとっても良いです。

スウェーデンとコーネリア380.jpg

コーネリアはこれで1本?と聞かれるくらいに大きな木に。
何百という可愛いお花をつけてくれます。
もう1番花は散っているものがあるので、丁寧に花がらを摘むと
また繰り返して咲いてくれます。

菜園たて380.jpg

柔らかい夕方の陽を受ける菜園の景色が好き。
右のバラは、「トラディスカント」。
今年はとても良く咲いてくれて、花もちも良い。
今日やっと花がらを一房切りましたが、
まだ10輪ぐらいの蕾をつけた房がたくさん開花待ち。

ジャーマンアイリスを所々に配置して植えていますが、
やはり存在感があって、
お庭の景色をぐっと惹きたててくれます。

6月は2つのイベントと銅版画の作品展をひかえていますので、
blogでも告知させて頂く予定です。

イベントでは、元気な株のレアな宿根草や多肉植物もお持ちします。
植物がお好きな方もぜひ遊びにいらしてください。


 
牡丹「ゴーギャン」。
牡丹 ゴーギャン380.jpg

こんばんは。
今夜は、とても美しい牡丹「ゴーギャン」をご紹介。
菜園に何本かのシャクヤクが植えてあり、年々お花の数も増えて、
ダイナミックなお花が咲くとその存在感は格別。
けれども、牡丹はいつか自分の広い土地を見つけたら、
幾種類も植えてみたいと思って、我慢をしていた植物の1つ。
でも、出会ってしまいました。
純白の牡丹も大好きだけれど、この色あいに一目惚れ。

牡丹ゴーギャン380.jpg

という訳でこの春から私の子になりました、
アメリカ生まれの牡丹「ゴーギャン」です。
植物も本当に出会いです。一期一会。

Peony "Gauguin"(1960年 Nassos Daphnis作出)。
こんなに美しいのに、
あっという間にお花ははらはらと散って・・・。
でも儚いからこその美しさなのかも。
大切にするからおおきく育って、ずっとそばにいてね。
セントーレア「チェイランティフォリア」
セントーレア チェイランティフォリア380.jpg

こんばんは。
GWが終わり、また静かな毎日が始まりました。
昨日の母の日には、お母様に感謝の気持ちを伝えられましたか。
ささやかなことでも、「ありがとう」の一言でも、
感謝の気持ちを伝えてもらったら、どんなに嬉しいでしょう。
母の日に限らず、感謝の気持ちをいつも素直に伝えられたら、
それはとっても素敵な生き方だと思います。

さて、連休中も菜園のお手入れをしています。
菜園の景色も随分賑やかになって、バラの季節がいよいよ到来です。

昨秋、herissonのHP、そしてイベントでも販売しました、
「セントーレア チェイランティフォリア」が咲き始めました。
透き通るような美しい花びらで、大きな花が80cmほどの草丈の先に
咲く姿はとても美しい。
草丈があるので、育てる環境によっては、茎が倒れてしまったり、
広がったりする場合があると思いますが、それは支柱をしたり、
ひと工夫で、十分にこの植物の美しさを楽しんで頂けます。
湿度の少ない北国では、恐らく茎もシャキン〜と真っすぐ伸びて、
この植物の本来の美しさを保てるのでしょうね。
それでも、このお花、とっても素敵です。
この春も良い苗が入荷できたら、
6月のイベントで販売したいと思っています。

セントーレア チェイランティフォリア蕾380.jpg

蕾も少しトゲトゲしていて、あざみのようで可愛い。
 
アジュガ ピンクエルフとゲウムが美しい。
ピンクエルフとフロックス380.jpg

こんばんは。
本日も菜園の様子をご紹介します。
オーレアの葉が、菜園でも目を惹くアジュガ「ピンクエルフ」。
お花が立ち上がると、さらに存在感抜群です。
とても丈夫で、成長が良く、花色はピンクで可愛いらしい。
春先の黄金葉がとても美しいオススメの品種。
その左後ろは、咲き始めたチョウジソウ。優しい水色も好き。
右側が白に近い薄いブルーのフロックス。
どれも植えっぱなしで毎年良く咲いてくれます。

ティアレラ「パシフィックトラスト380.jpg

こちらは、大好きな植物。ティアレラの葉の切れ目が深い品種、
「パシフィックトラスト」。
こちらも少しずつ増やして群生させたい植物です。
早く大きくなあれ。

菜園20161-380.jpg

まだグリーンが多い菜園の中心のメインストリート。
これからジャーマンアイリスが咲いて、その後には、
アカンサススピノーサスが咲いて・・・、賑やかになります。

ドワーフコンフリー2016.jpg

元気で丈夫、そして良く増えるドワーフコンフリー。
お花が可愛い。
花期が長いのでしばらくこの清楚な姿を楽しめます。

ゲウム-マイタイUP380.jpg

そして、待ってました〜。お気に入りのゲウムたち。
まずは、ゲウム「マイタイ」。
まだ作られる方が少ないため、お値段も他のゲウムと比べると、
少し高いけれど、それでもこのアプリコットの優しい色と
丈夫さを考えると、それだけの価値があるオススメ品種。

ゲウム-リバレ380.jpg

こちらは、ゲウム「リバレ」。

ゲウム-バレリ380.jpg

このちょっと下向きで控えめに咲く姿が私はかわいい。
この子はだいぶ大株になりました。
今年はいつもより少し草丈が長いような・・・。
気温のせいかな。

多肉植物たちもお花がたくさん咲いて、かわいい。
こちらは、イベントへ連れて行くものが多いので、
5月中に少しずつご紹介してゆきます。
菜園の植物たち。フェチダスとプリムラ ベリス。
こんにちは。
カレンダー通りに祭日を取ることの出来る方は数日お仕事を休むと、
昨日からの長い連休ですね。
雨の日もちらほらしていますが、お出かけになる方には、
青い空に恵まれたお天気になりますように。

私は、イベントの準備と銅版画の作品展の制作で、
気持ちはそわそわ、やることは山のように・・・。笑。

そんな中、菜園も毎日表情を変えて、私を待ってくれているので、
少しでも多くお手入れをしたい。

フリチラリア-ペルシカ-380.jpg

お手入れの合間に花たちの様子を眺めるのが何より楽しい。
こちらは、少し前に蕾を紹介しましたフリチラリア「ペルシカ」。
真っすぐ伸びて、満開に咲く姿はかっこいい。
この初年のダイナミックさが次年以降も続けばいいなぁ。
と思うけれど、少しずつ小さくなっていってしまう。
今年は、花後の管理にもう少し気をかけてみたいと思っています。

フェチダス「イエローブリオン」380.jpg

フェチダス「ゴールドブリオン」。
他のクリスマスローズより晩生で、今が見ごろ。
オーレアの葉がとても目立って素敵だったけれど、
お花もボリュームがあって可愛い。
夏の管理に気を配る。

八重咲きプリムラベリス380.jpg

そして大好きなプリムラベリスたち。
こちらは八重咲き「ケイティ・マクスパローン」。
(Primula veris 'Katy McSparron')
300年ほど前に園芸品種として改良されてから、
始めての八重咲き品種だそう。

もともと一重の原種に近いカウスリップをずっと探していて、
最近園芸店でも園芸品種の一重は見かけるように。
カウスリップの黄色は、菜の花の色に似ていて、春の色。



こちらは、赤いプリムラベリス「サンセットシェード」。
これは可愛い!!!と一目惚れした品種。
菜園を埋め尽くしてくれても良いほど増えて欲しい。笑。
プリムラベリスは管理も容易で、しかも増えてくれる,
オススメの植物です。
毎日植物たちが新しい顔を見せてくれるこの季節。
6月のイベント用に養生している多肉植物とともに、
少しでも多く皆様にご紹介してゆきたいと思います。

〈 6月のイベント予定 〉
6/4、5  「Go Green Market」  東京都調布市
6/18、19  「野の市 ののの市」   山形県寒河江市
6/22〜28    銅版画 作品展             東京都銀座

2つのマーケットは、芝生の広がる緑に囲まれた気持ちの良い空間。
銀座のギャラリーはしっとりと落ち着いて、作品を楽しめる空間。

爽やかな季節、お散歩がてら、
足をお運び頂けましたら、嬉しいです。
一人でも多くの方にお会いできますことを
心より楽しみにいたしております。
 
2016年もどうぞ宜しくお願いいたします。
こんばんは。
2016年が明けて、明日は週の始まり。
いよいよ本格的に仕事モードに切り替えなくちゃ。
私は今年はゆっくりとしたお正月を楽しみ、
2日までは仕事は少しだけ、あとはお休みの時間を楽しみました。

今日は朝から創作活動。絵を描きました。
ビオラ「ミステリアスバニー」が余りに美しいので、
描かないともったいないと。笑。
しばらくゆったりとした自分のペースでの暮らしに戻ると、
創作意欲もぐっと湧いてきます。
こちらがモデルになりました、ビオラ「ミステリアスバニー」。

ミステリアスバニー blog.jpg

大好きな色あい。
このブルーとヴァイオレットのグラデーションの美しさ。
たまりません。
そしてこの筋張った感じ。
いつもお伝えしていますが、これも大好き。笑。

フラッシュストローク20161月.jpg

こちらは11月中旬にピンチしたものを室内に飾っていた、
ビオラ「フラッシュストローク」。
カットして1ヶ月以上経つのに、お水の中で2番花が咲いています。
とっても元気なのでびっくり。

こちらは、八重のオキザリス「オックスローズ」。

オキザリス-ピンクの八重.jpg

お花が開いた姿もかわいいけれど、このくらいの感じが素敵。
とても可愛いので、ぜひGGMでご紹介したいと思いましたが、
春のGGMの頃はお花が咲いていないので断念かな。涙。

今年もたくさんの出会いがありますように。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。
ヴィオラ ヌーヴェルヴァーグとエヴォルヴ
ヌーヴェルヴァーグ2.jpg

こんばんは。
いよいよもう今年も残りわずかですね。
私は、クリスマス前から引いた風邪がひどくなり、
昨日は一日お布団の中で咳こんこんでした。
夜中眠れないほど咳が続くので、肺も脇腹も痛い。
小さい時から風邪を引くと咳が長い間止まらなくて、
未だに治らない。辛いものです。
皆様もどうぞお気をつけて。

さて先週、ビオラをいくつか買いました。
もう今シーズン最後のお買物かな。
上は、ヌーヴェルヴァーグ。
30年の育種から生まれ進化し続けた究極のビオラ。
一株ずつ顔が違います。
一株の中でもお花の表情が異なります。
細やかなフリルや色あいなど、
やはりこの品種ならではのお顔を持っていますね。
アンティーク調の色を選んだので、株が大きくなったら楽しみ。
もう残り少ないものからセレクトしましたが、
それでもどの子もそれぞれ魅力的でした。
黄色系のお花は香りがとても良かったです。
1株でとても立派になります。

エヴォルヴ.jpg


エヴェルヴ3.jpg

こちらは、川越ロカさん監修のもと、
宮崎県から発信されるエヴォルヴ。この微妙な色合いが素敵。
こちらもどの子も可愛くて、相当悩みました。苦笑。
結局、大好きなブルー系の色味をもったこの子に。
2枚の写真のように1つの株から違った表情のお花が咲きます。

ヴィオラ-アンティーク.jpg

こちらは、フロステッドチョコレートかなと思いましたが、
名無しさんでした。
このアンティークな色あいが好き。

毎年、この時期になると、
1年を降り返って、自分の思うように過ごせてこれたかな。
ということと、新しい年をどのように過ごすか。
どういう生き方が自分の夢に近づくことなのか。など、
自分を見つめて、考える時間を作ります。
日課のようなものですね。
そして、新年からしゃきしゃき動けるように、
年内のうちにしっかり体調を整えないと。

皆様も自分らしく、楽しく笑顔で暮らせるように、
ご自分の気持ちに正直に、なるべくストレスを貯めずに、
夢多き新年をお迎えになられますように。
 
冬を彩る個性派ビオラとシンセパラ ディセクタのお花
こんにちは!
11月末から3回に渡り、インテリアやこの時期はクリスマスを楽しむアイディアなどが満載の素敵なサイト、LIMIAさんにて、私のスウェーデンでの暮らしをご紹介させていただきました。
本日12月13日は、記事でご紹介したルチア祭の日。
スウェーデンではほとんどの教会で、光を讃える聖ルチア祭のための賛美歌が歌われるでしょう。

さて、記事を〆切りまで何とか無事に書くことができまして、本日は久しぶりにこの冬のherissonの植物たちをご紹介します。

まずは、ビオラたち。
最近は、いつも小鳥ちゃん達にお花をきれいに食べられてしまうので、気に入った品種だけを少しだけ楽しんでいるherissonのビオラ。


横浜 ビオラ花まつり.jpg

こちらは横浜セレクションの「花まつり」。
個体差があるので、その中からお気に入りの子をセレクト。
微妙は色あいとすじばった感じ、そして深いバイオレットが
私の心を掴みました。笑。

ビオラ フレアブルー.jpg

こちらも横浜セレクション「フレアーブルー」。
縁に真っ白なピコティがはっきりと入り、かなり深いバイオレット。
この色あいが好きなんですよね・・・。

横浜セレクションは、お花がすっと伸びて、花姿がよくわかります。

ビオラ フラッシュストローク.jpg

そして、こちらは今年初めて見た「フラッシュストローク」。
すじばった感じがたまりません!笑。
こちらも個体差のあるものの中から、最もスジが入り、深い色あいのものを。中心のイエローがかったところも可愛らしい。
最近のビオラは、熱心な育種家の方が色々な品種を作り出していらっしゃるので、お花の色あいや模様だけではなく、全体の草姿や葉の形も色々。その辺りも見ながら、選ぶと楽しいです。

カランコエ全体.jpg

こちらは、シンセパラ ディセクタ。
トナカイみたいな葉の形が面白くて、連れ帰って大切にしています。
だいぶ下に巻き込んでいますね。大丈夫かっ、君。
初めてお花が咲きました。
お花は、やっぱりカランコエのお花っ!

カランコエ.jpg

白花で可愛いらしい。
シンセパラ ディセクタのお花は、調べてもほとんど見かけませんので、
しっかり記録。今はもっとお花が開いています。

blog-アルビフローラ.jpg

最後は、前にもご紹介した、アロエ アルビフローラ。
やっぱりかわいいですね。
アロエってやっぱり私の中ではすっごくかわいくて大好き。

アロエ バーケリーもシャンデリアのような咲き方が可愛く、
欲しいという方が多いので、来年は販売できるように準備したいと思っています。


 
herissonの菜園は冬支度・・・。
herissonの菜園.jpg

10月30日のFACEBOOKで、明日から11月ですね〜なんて、
書いてしまったのですが、
31日がありました・・・。
30日の夜はもう31日になった気分でございました。
さて、いよいよ今月の14、15日の週末に東京都調布市の
京王フローラルガーデンにて、
秋の「GO GREEN MARKET」が開催されます。
その準備で毎日バタバタとし始めました。
ですので、その前に菜園の冬支度を整えてしまおうと・・・。
抜きそびれた草たちも枯れススキのような細い姿になり、
もう緑で地上を全て埋め尽くすような勢いもパッタリ。
菜園は、ヒメイワダレソウのカーペットにしていたのですが、
夏の時期、これが全ての植物の根元を覆い尽くして、
大切な植物が枯れてしまうことがあるので、
さようなら〜と随分抜いてしまいました。
あぁ、でも地面が見えているのもいいなぁ・・・。
おかげで、来年の春のために買い揃えた苗達を
しっかり植え込むことができました。

大好きな赤い穂があがるグラスと
自分で色を塗った日本製のジョーロが、なかなか良い雰囲気。

秋 クィーンオブスウェーデン.jpg

クィーンオブスウェーデン 秋 2015.jpg

今秋は春に近いほど、バラ達がたくさん咲いてくれています。
クィーンオブスウェーデンも春の優しいベビーピンクの色あいとは異なり、少しサーモンピンクがかった秋の色。
秋のバラも自然に咲かせます。美しいです。

トリトマ 秋 2015.jpg

そしてトリトマも!咲いてる!
年に三回咲くだろう・・・。可愛すぎる・・・。
この色、イエローの品種だと思いましたが、私のはクリーム色がかったレモン色。元々この色の品種か・・・。どちらにしても大好きな色に変わりありません。

ジニア 11月 2015.jpg

そしてこぼれ種でよく咲いてくれるジニア達。
マゼンダ色のこのお花、少し寂しくなった菜園にハッとする彩りを添えてくれています。
寒いけれど、まだまだ咲いてくれそうです。

秋のトマトも甘くて美味しいです。抜かずにそのまま育てていたら、色づくのは遅いけれど今も元気に育ってます。
さあ、いよいよ、菜園のお手入れが落ち着いたので、
GGMの準備がんばります!
秋のお手入れ
こんばんは。
涼しくなって、植物のお手入れをしなくちゃ〜と思いながら、
毎日があっという間。
そして季節の変わり目は何だか疲れやすい・・・。
ということもあって、無理せずいこう〜と
なかなかはかどらない作業です。
けれど青くて美しい空の下、少し頑張りました。

HPでご紹介していくかは、まだ検討中ですが、
今秋から流通の少ない珍しい品種やherissonお気に入りの品種など、
しっかりとした良い苗を作られている方にお会いできたご縁もあり、
お問い合わせの多かった苗の販売をいよいよ開始します。
ですので、少量とはいえ、しっかりと育てて頂いた苗たちを
大切に管理するスペースも必要になりました。

ということで、さぁ、お手入れして整理しなくては!
まずはベランダのクレマチスたちを一斉に剪定。
そうしたら、かわいい空蝉がひっそり咲いていました。
モハモハなうぶ毛がやはりキュート。
気づいてあげられて良かったぁ。

クレマチス 空蝉 2015.jpg

そして、herissonのHPでもご紹介しているムスカリたち。
植えっぱなしでもこの時期になると毎年、
ムクムクっと芽が出て来る。
手間入らずの球根植物はやっぱりかわいい。
夏の間、隅っこの方にいたこの子たちは、特等席へお引っ越し。

2015.jpg

クフェア トレーリーパープル2015秋.jpg

そして、菜園へ移動。気温が低くなって、より深い色あいになった
クフェア トレーリーパープル。お花も大きくなったみたい。
あらっ、むしゃむしゃ食べている子に気づかなかった・・・。苦笑。

herissonのダリア.jpg

herissonの菜園で、唯一生き残っているダリア。
他の品種は冬の間にダメになってしまうので、
大好きなダリアですが、この菜園には余り植えていません。

ピンオーク.jpg

ピンオークも今年はだいぶ大きくなりました。
8月頃から虫食いだらけになりましたが、
紅葉し始めた葉色が美しいから。

こぼれ種 コスモス 2015秋.jpg

こぼれ種コスモスもかわいいなぁ。

と植わっている植物たちのお手入れで1日が終わってしまいました。
来春のためにやってきた新しく植物たちは、
また次回植え付けましょう。
どんなに疲れていても、植物のお手入れというのは、
心が洗われて、リラックスできる。
やっぱり植物の力はすごいなぁ。
疲れている人が多い昨今。
みんなが植物のエネルギーを感じられたら、
心がふんわり優しくなるのでは・・・。と思いました。