<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
手描きの美しいお皿にのせて。
 blog.2013.04.20.jpg

こんばんは〜。
週末はすっかり寒くなって、冷たい雨ばかり。
今日は久しぶりのお日さまが嬉しくなりました。

週末は雨が降る前に菜園の片付けと
植物の掘り上げをしておこうと思い、
お天気の悪い中、菜園仕事を少し頑張りました。
久しぶりに菜園をお借りしている農家のお父さんとお母さんにも
ご挨拶ができて嬉しかった。
冬の間、忙しさや体調不良の時もあったりして、
なかなか菜園へ行けていなかったら、
いつも頑張っていたのにどうしたのかな・・・と、
みなさんで心配してくださっていたとのこと。
あ〜ん、涙。
ありがとうございます〜。感謝です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

帰ってきたら、兄の手伝いをしたお礼にと、
シュークリームが届いておりました。
わぁ〜。喜々。
鼻歌がでて、踊りだしたくなります。笑。
シュークリームでこれだけ幸福感を感じられる
ワタシはシアワセな性格でしょうか。

でもここのシュークリームはとても美味しいのです。
いつ食べても濃厚なクリームがほっぺを緩ませてしまいます。
遠くからわざわざ買いにいらっしゃる方も多く、
我が家からはとても近くて幸せなのですが、
実は名店でございます。
お店の名前は「cerisier」(スリジェ)です。
豊富な種類のどのケーキも、
素材の味を生かした美味しいケーキです。

そして初登場の兄。笑。
仕事の忙しい兄とは、なかなか会う機会がないので、
久しぶりでした。

さあて、そんな美味しいものがあるとなったら、
イギリスの1930〜40年あたりの
この手描きのかわいらしいお皿でパチリ。

美味しいシュークリームもより美味しそうに見えます〜。

お皿も本日同時にwebshopにupいたしました。
1枚しか手に入らなかった1点ものです。
ご興味のある方はこちらからどうぞ。

4月も後半に入りましたね〜。
早い・・・。
5月はイベントがあり、1年の大きな山の1つです。
がんばります〜。

laceが好き。
 blog.2013.04.172.jpg

こんにちは。
ちょっぴり久しぶりのblog更新です。
本日はHerissonの菜園で1日作業をする予定でしたが、
朝起きてみたら体調不良だったので、
無理はせずお休みすることに。

ですので、今日はblogも、
offの気分でプライベートライフをご紹介してみようかなと。笑。
いつもどんなヒトが「le jardin du Herisson」の店主だったり、
ワークショップを開いたりしているのかしら〜?って、
思われてるから、blogで紹介した方がいいよ。と
言って頂いたりします。
そういうことがちょっと苦手なワタシなので、
ついつい後回しになっていましたが、
もし好きなものなど共通の喜びを見つけて、
herissonにもご興味を持っていただけたら嬉しいので、
少しずつご紹介してゆこうかなと思います。

ワタシの好きなもの。
お洋服編。
私はもともとその日の気分で服装をがらりと変えて、
楽しむ事が好きです。
みんなそうかな。
服装によって、仕事のon、offを切り替えるって、
結構私の中では大切なこと。
普段お庭や植物を育てる仕事の時は、
汚れても良い格好で、長靴で闊歩できる服装。
そして、植物をキズつけないように、
体にピタッとフィットしたものを着るようにしています。
だから、完全にoffでプライベートやお休みの日は、
優しくて、ゆったり可愛らしい服装を着たい気持ちになります。
基本的には、かっこ良くて、
その中に女性らしさが感じられる服装が好きなので、
全身可愛らしいということにはなりません・・・でしたが、
最近はどうかな・・・。
全身可愛らしくなっちゃっている時もしばしば・・・。
でしょうか。苦笑。

仕事着が、オリーブグリーンやネイビーの色を着ているので、
プライベートはほとんどが大好きなオフホワイトか、ベージュ。
しかも上品なレースやピンタックが入っていたりなど、
細かい仕事が施してあるものが好きです。
どんなものにも職人技がキラリと見えると、
気分が高まってしまうのです。笑。
そして、どこかアンティークっぽい。

素材は、肌触りの良いコットンやリネンがほとんど。
ここはデザインよりももっとこだわりのあるところ。
肌触りが良くないとちっともリラックスできないですもの。
かゆくなってしまうのです。

blog.2013.04.17.jpg

こちらは、フランスで買って来たアンティークのネグリジェ。
上質のローン生地が使われているところからみると、
結構古いものだと思います。
昔のものなので、ほつれなどがあり、
それを縫いつけてから着ようとずっとしまっていたのですが、
先日丁寧に手洗いをして、着るスタンバイ。
アイロンをかける前にパチリと撮ってしまったので、
シワシワ〜です。

古い物は好きでも、
肌につける古着はイヤという方もいらっしゃると思いますが、
わたしはクオリティーが良く清潔なものだったら、
丁寧に洗えば着られます。

寝るのが好きなわたし。
寝る時の服装は可愛らしくしたい〜というのが夢なのですけど、
寒がりなので、結局いつも山のように着込んでしまいます。
このネグリジェもいつ頃から着られるかな・・・。

Blogが新しく生まれ変わりました。
 blog.2013.04.032.jpg

こんばんは。
今日は好きな表現、シトシト・・・という表現とちょっと違って、
ざあざあ?と雨が降った1日でしたねぇ。

本当は、六本木まで映画を観に行こう〜!と思っていたのですが、
余りの強い雨風だったので、今日は意を決してblogシステムを新しくすることに予定変更。
新しいシステムとなるとわからないことがいっぱい、そして今までのblogの画像を全て再度リンクし直さなくてはならないとこのこと。
むむむ〜と考えていたけれど、この機会を逃すとまた先になってしまうので、頑張ることにいたしました。

今日は朝10時からこの時間までひたすらmacの前で悪戦苦闘でしたが、どうにか作業がまとまって、以前のblogのドメインの引き継ぎなども終わり、ほっとひと安心です。
目はすっかりくぼんでしまいましたけれど。涙。

明日はきっと青く澄んだ、きれいな空が広がるのではないかしら。
ふふふ、楽しみ。
1日菜園で、体を動かして頑張ろう〜。

新しくなったblogを楽しんで頂けました時は、
facebookの「いいね!」をポチっとして頂けますと嬉しいです。
いつもBlogを読んでくださっている皆さま、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
赤や黄色の葉がひらひらと舞い降りて。
blog.2012.11.12.jpg

こんばんは。
今日は久しぶりに車で近くの大きな公園の前を通りかかりましたら、
紅葉が随分すすんで、赤や黄色の葉がひらひらと舞い降りていました。
先週末は、仕事先へ行くまでにで通りかかる公園をのんびりと歩いていたら、
赤や黄色の絨毯が余りに美しくて、仕事先へ行かずに、
お弁当を持ってゆっくり1日過ごしたくなってしまいました。
そして記念にパチリ。

寒くなって少しずつ着るものの数も、1枚また1枚と増えてゆく季節です。
私は、普段菜園などでの作業やお庭関係の仕事に携わることが多いので、
自然とグリーンを基調とした服装でいることが多いのですが、
室内での事務仕事や少し薄暗く感じられるこれからの季節は、
大好きなオフホワイトや明るいベージュなどの気持ちを明るくしてくれる服装で居たくなります。
それなので、少しレースがついたものなど、重ねて更に重ねて・・・。
大好きな靴下も何枚も重ね履きします。苦笑。

そしてお部屋の中は、蜂蜜色みたいな温かみのある色合いを飾りたくなり、
毎年特にこの時期から活躍する蝋燭たちの出番となります。
前にも書いたかしら・・・。
蝋燭の火が灯っているだけで私は癒されます〜。
日中は外に出るお仕事、夜は事務作業と1日を通して、
なかなかゆっくりする時間がないので、
そんな時はお部屋に蝋燭を灯しながら、お酒など飲んだりしますと、
もうあっという間に私の至福タイムになります。笑。

そして、そんな私の寛ぎタイムを更に幸せなものにしてくれます、
大好きな蜜蝋キャンドルをぜひ今年もご紹介したいっ。
フィンランドの森で手作りされています蜜蝋のキャンドルが今年も入荷いたしました。
大好きなはちみつ色に蜂の巣とミツバチが象ってあり、眺めてもかわいい。
そして、何ともいえない甘くてとても良い香りが優しい光とともに、
室内を暖かくて優しい空間にしてくれます。
今年は数量限定でのご紹介ですので、
はちみつ色に癒されたい方はお早めにご注文くださいませ。
感謝の気持ちをこめまして。


「le jardin du Herisson」は、
温かく見守ってくださいますみなさまのおかげで、
OPENしましてから、無事に1年を迎えることができました。

モノというのは一見すると、ただのモノかもしれません。
けれど、私にとって、Herissonからお客さまにお届けする品々は、
受けとった方がどうぞ温かい気持ちになってくださいますように。
という願いを届けてくれる大切な存在でもあります。
モノと一緒に心があたたかくなるものが届くという仕掛けになっているのです。笑。
そしてモノはしっかりと確かなものでなくてはなりません。

けれども、お店をはじめてから気がつきました。
お届けしたかったあたたかいものは、
お客さまから私のもとへ届けられているものだなぁと。
お客さまとの少ないやりとりの間にも、
私のことを思いやってくださったり、優しい心遣いをしてくださったり。
私がみなさまからあたたかい気持ちにさせていただいているのです。
本当にありがたく感じております。

そんな日頃の感謝の気持ちを込めまして、
本日から9月30日までの期間、
Herissonでご紹介しておりますお品を全て5%offとさせていただきます。
もし気になるお品がございましたら、ぜひこの機会にお手元へお連れくださいませ。笑。

最初のご連絡メールでは、通常の料金が表示されてしまいますが、
在庫確認をさせていただきました後、
5%offに訂正しました正しい価格をご連絡いたしますので、
ご安心してお買い物をしていただけたらと思います。

9月20日以降はお届けまでにお時間を頂く場合がございます。
ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。
swedenの美しい夜明けのように。


こんばんは。
Herissonの記念すべき1周年を迎えたというのに、
またまた深夜にblogを更新しております。
そして1日過ぎて11日になってしまいました・・・。クスン。

けれどもそんな記念すべき日に、
私の長きに渡る仕事のパートナーだったmacがとうとう新しくなりました。
仕事上やむを得ず、そういうことになったのですが、
やはり新しくて美しいmacを前にしたら、とても嬉しくなりました。
画面が大きいため、作業がぐっとしやすくなりますし、
画質もキレイ。
作業効率がUPしちゃうわぁ・・・。

偶然にも記念すべき日にやってきたので、
Herissonのお仕事もしっかりやっていきなさい〜と
いうことでもあるのかな。

何かの時にご紹介しようとずっと思っていたswedenで見つめた夜明け。
本当に、本当に、美しかった。
太陽、光が昇る美しさ、
光を待つ本当の喜びというものを初めてswedenで知ったように思います。

Herissonもまだ夜明け前?のように始まったばかりのところにおりますが、
まっすぐ正直に、思う道を進んでゆきたいと思いますので、
温かく見守っていただけましたら嬉しいです。

どうぞ、これからもherissonをよろしくお願いいたします。
le jardin du Herisson open
 「le jardin du Herisson」のblogへお越しいただき、ありがとうございます。

今まで大切にしてきたこと、これからの日々で感じていくこと、
shopでご紹介する品々について、H�rissonの小さな菜園のこと、
植物のこと、生きもののこと、
そんなことをこれから少しずつ、素直に綴っていきたいと思います。

「le jardin du Herisson」

ちょっとだけお店のなまえについて、触れたいと思います。
「le jardin du Herisson」は、
フランス語で「はりねずみの庭」という意味です。
はりねずみは小さな体なので、
彼らにとっては、ほんの小さなスペースでさえ、
小さな森のように思えるのではないかしら。
日本は広いお庭に恵まれている方もいらっしゃれば、
まるではりねずみのお庭のように、
小さなベランダでお庭を持てない方もいらっしゃるでしょう。
けれど、どんな小さなスペースでも、
そこに緑があれば、風を感じたり、虫に語りかけたり、
自然や植物と触れる時間ができます。
土に触れて、植物を育てたり、観察することで、
優しさや幸せを感じていただきたい。

そして、はりねずみや自然の中で生きる虫や動物。
かれらが幸せに暮らしていける環境が少しでも多く残りますように。

そんな2つの願いをひっそりとこめて、この名前をつけました。
「le jardin du Herisson」をとおして、私は、その願いに向かって歩み、
「le jardin du Herisson」のwebshopへお越しくださった方には
少しでも優しいゆったりとした気持ちになっていただけたら、
心から嬉しく思います。

まだ手探りで至らぬことばかりでございますが、
これからのHerissonを温かく見守って頂きますよう、
よろしくお願い申し上げます。