<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Go Green Market〜hand made〜

こんばんは。

いよいよ明日に迫りました「Go Green Market fall 2016」。

本日は、搬入なので、朝まで少し寝ましたら、

車に荷物を積み込んで、調布まで行ってまいります。

 

さて、今日までコツコツと作ってきました、

北欧風「きのこのアレンジメント」をご紹介します。

スウェーデンでの暮らしの中で、

素敵だなと感じたナチュラルなアレンジメントと、

北欧の人々が愛する森をイメージしています。

スウェーデンで少しずつ買い貯めたきたキノコ達の登場です。

 

北欧のきのこと八角.jpg

 

白くお化粧した八角ときのこたち。

ナンテンの白い実もかわいいでしょう。

 

キノコのオーナメント380.jpg

 

herissonのオリジナルの鉢に、モスや少しずつ拾い集めた

ちょっと変わったドングリの枝や北欧のモスなどを使って。

そして我が家の大切なオリーブの葉たちも登場してもらいました。

きのこの数が限られているので、

大・小それぞれ、5個ずつの限定です。大は6個だったかな。

クリスマスが終わっても、楽しんで頂けるのではと思います。

 

きのこ380.jpg

 

このきのこは、私の手作り。なかなかよくできてる。笑。

と思うのは私だけかな〜。

こちらは、今回ご紹介するかわいい鉢の見本に作りました。

銅版画でもきのこの作品を作っているので、

何だかきのこが可愛くて、来年はherissonオリジナルの

色んなきのこを作れたらいいなぁと。

 

今回のGGMは、12月という季節もあり、草花の苗は少なめです。

多肉植物は、いつもより若干少ないですが、

今回は、美しい苗を作っていらっしゃるおらいさんの

オリジナル交配種のエケベリアをご紹介します。

魅力的なものが多くございますので、ぜひお楽しみに。

 

「blogをいつも見ています。」と声をかけてくださる方が

時々いらして、とても嬉しいです。

ありがとうございます。

今回も会場でお会いできますことを心より楽しみにしております。

ぜひお声をかけてくださいね。

 

いつもGGMの公式HPで店舗のご紹介をしてくださるのですが、

今回は私のミスで掲載されませんでした。(以後気をつけます。)が、

出店いたします!笑。ので、

一人でも多くの方にGGMに足をお運び頂けますように

願っております。

では週末にお会いしましょう!!

Go Green Market〜dry flower〜

blog20141108GGM3.jpg

 

毎回ご好評頂いておりますherissonの菜園で取れた、

アナベルのドライフラワー。

薬を使っていないので、安心してお部屋に飾っていただけます。

 

GGM-fall-2016リース380.jpg

 

私が作るアナベルとオリーブのリースもいくつかお持ちします。

ナチュラルな雰囲気がお好きな方に喜んで頂けたら嬉しい。

 

 

GGM-fall-2016バラの実380.jpg

 

バラの実もいつも人気です。

このまま吊り下げてもかわいいし、ボトルにそのまま挿したり、

リースに飾り付けて頂いてもかわいいです。

Go Green Market〜ヴィンテージ〜

 

 

GGM-fall-2016オーナメント380.jpg

 

こんばんは。

来週末はいよいよGo Green Market fallが開催されます。

お天気予報では、今のところ晴れそうです。ヤッタァ〜。

今回は初めて12月の開催。

いつもとは少し違う雰囲気も出したいなぁと思っています。

本日から開催まで、できるだけ用意している品々を

ご紹介してゆきますね。

 

クリスマスが近いので、スウェーデン伝統のオーナメントや

クリスマス刺繍が施されているかわいいヴィンテージの布ものなど

北欧の品を持っていきたいとセレクト中。

 

GGM-fall-2016器380.jpg

 

herissonの定番として人気のイギリスのヴィンテージの器、

「HORNSEA」は、秋の装いにピッタリの色あい。

今回も使い易いカップ&ソーサーやキャニスターなどをお持ちします。

 

明日は秋のGGMでいつもご好評頂いております、

ドライフラワーをご紹介いたします。

ダイヤモンドリリーとサフラン。

ダイアモンドリリー380.jpg

 

こんばんは。

今日は久しぶりにお陽さまが出て、気持ちが良い1日でしたね。

明日も暖かいみたいです。

 

すっかり寒くなり、ベランダや菜園のお花も随分少なくなりました。

もう冬支度ですね。

そんな中、今ちょうど美しく咲いてくれているのは、

純白のダイアモンドリリー。

この子は、植物を増やすのがとても上手な友人から頂いて、

大切に育てています。毎年よく咲いてくれます。

ダイアモンドリリーは切り花としても、長く楽しめるので、

毎年育てるサフランの球根と一緒に窓辺に。

サフランは、お花を楽しんだあと、

パエリアかサフランライスを作るのに使いたい。

高級なサフランですが、

球根から育てて、お料理に使うのは楽しいです。

 

スウェーデンの朝食380.jpg

 

それから、久しぶりにゆったりと北欧を楽しむ朝食。

スウェーデンのシロップを入れて焼いたパンは、

ほんのり甘くて、しっとりしていて、そのままでも美味しい。

それにパスタとオムレツをベルサのお皿にのせて。

どんなに忙しくて時間がなくても、朝のカフェオレだけは飲みたい。

朝たった5分でもこの一杯をゆったりと飲めるかどうかで、

その日1日の心のゆとりが違ってくるように感じます。

 

好きなことに真っすぐにこだわる。

それは誰にとっても、ささいなことでも、

とても大切なことなのでは。と思うのです。

HERISSONのANTIQUEたち。

テーブルセット380.jpg

 

こんばんは。

また久しぶりの更新に。

1ヶ月が本当に早い。

先日久しぶりにお会いした方から、

最近blogがなかなか更新されてませんね。と。

あちゃ〜そうなのです・・・。頑張ります!とお伝えしました。

でも楽しいランチタイムをゆっくり過ごしました。

 

11月初旬、herissonが揃えているアンティークに

どんなものあるのか教えて欲しいという依頼を頂きました。

実は、HPに掲載していないお品や

備品でイベントのディスプレイ用のものなどがたくさんあります。

ですので、それらを急遽撮影することになりましたので、

こちらでもちょっぴりご紹介します。

 

このテーブルの板は、イギリスのウェッジウッドの工場で、

100年以上前から使われていたもの。

風合いが良くて、どうしてもとお願いして譲ってもらったもの。

椅子はイギリスの1900年頃のチャイルドチェア。

 

チャーチチェア380.jpg

 

こちらは有名なイギリスのチャーチチェア。

これも100年以上の本物のアンティーク。

聖書を入れるBOXが背面についていて、

深い飴色が年数を感じさせます。

 

ベビーバス380.jpg

 

こちらはハンガリーの1900年前半のベビーバス。

アイアンの脚がだいぶ傷んでいるので、メンテナンス要だなぁと。

やることいっぱいだ・・・。

排水口の蓋が残っているものは珍しいそうです。

 

12月のGGMまで、1ヶ月を切りました。

今週からイベントの準備と告知を、

blogとFBより、少しずつUPしてゆきたいと思います。

ぜひチェックしてみてください。

寒くなりましたので、どうぞご自愛ください。

 

 

美しい秋のそら。

秋の空380.jpg

 

こんにちは。 お久しぶりです。

皆さま、お元気ですか?

いつもは走り続けていて、バタバタしている私ですが、

今年は、やるべきことはいっぱいあるけれど、

寝る間を惜しんで頑張るエネルギーがない・・・。苦笑。

 

体調がパッとしないこともあり、 そんな時は無理せずいこうと

ただ頭の中は、色んなことを考えてる。

深く、深く考えたりする。

走り続けていると考える暇がないくらい、一生懸命なのがいい。

でも、たまには立ち止まって、深く考察することが大切とも思う。

今年はそういう年だったのかな。

深く考えている時、それについて、

余り話をしたくないもの。

だからblogも書けないのかな。などと思ったり。

人ですなぁ・・・。

でも、仕事と銅版画、ちゃんとやっています。笑。

 

 

そんな私をよそに、季節は移り変わっています。

先日、久しぶりにのんびり過ごしたお散歩の途中でみた空。

ちょうどススキが広がっていて、秋だなぁと嬉しくなりました。

 

ここでお知らせを1つさせて頂きます。

毎年11月に開催されていた「Go Green Market Fall」が、

今年は12月の2週目の週末になりました。

ですから、毎年11月だったなと楽しみにしてくださっている皆さま、

少し寒くなりますが、12月の11日、12日(土、日曜日)、

herissonも出店させて頂きますので、ぜひ遊びにいらしてください。

お会いできますのを心より楽しみにしております。

 

そして、ベランダの多肉植物たち。

9月からずっとフェルニア達が順番に咲いてくれています。

今からはアロエのお花が咲く季節。 蕾が次々に上がってきています。

 

フェルニア380.jpg

 

この子は、何だったかな。

イベントにディスプレイで持っていったら、

ラベルが飛んでった〜。涙。

 

蛾角黒花380.jpg

 

蛾角の黒花種だそう。真っ黒ではないけれど。

蛾角は普通クリーム色です。

 

阿修羅交配380.jpg

 

阿修羅交配 トゲトゲがかっこいい。

夏の想い出。

 

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
9月に入り、いよいよ秋が近づく足音が聞こえるような、
そんな夜の涼しさが感じられますね。
今年の夏はあっという間に過ぎて、もう9月に。
全くblogが更新されず、どうしているのかしら・・・。と
思われている私ですが、 更新していなかった8月は、
外での仕事で忙しく過ごした後は、創作活動を進めておりました。
blogの更新はもっと気軽に書けば良いのだろうと思うのですが、
特に創作中は、頭の中を別の世界へ持って行きたいので、
現実的な文章を書く気持ちになれず、これがダメなのだなぁと。

 


菜園のお手入れも気になりながら、
夏の間は、台風前のトマトの収穫と草刈りくらいです。
年間を通して、ほぼ草刈りが仕事ではないかと思うほどですね。笑。
少し涼しくなったら秋のお手入れも初めなくては。

 


それからこの夏は、ギターを始めました。
これが思いも寄らぬ楽しさ。笑。
クラシックギターをやっている母から、一緒に弾いて〜。
と言われていたのですが、クラシックギターは難し過ぎて、
「私はいい。」とずっとお断り。
けれど、ずっとまた叩きたいなぁとここ何年も思っていたドラムを
ランチをしていた高校時代の友人が何の前触れもなく、
「実は私ドラムやってみたいんだぁ〜」と
突然話しだしたので、それなら一緒にやろう!ということに。
月に1回ですが、スタジオに入って練習する時間が楽しい。
青春だね〜。
友人がドラムを叩けるようになったら、
私は他の楽器やらないとなぁと考え始めて、
少ない人数のバンドなら、やっぱりギターでしょう!
とギターを練習することに決めました。
家にあるアコースティックギターを仕事の合間に練習。
母のアコースティックギターが大活躍。
それにしても、お母ちゃん、何台ギター持ってんの?!笑。
ピアノを小さい頃からやっていたし、吹奏楽部に入っていたので、
楽器は毎日の練習がどれだけ大切か良く知っています。ので、
今の年齢の私なら、毎日、1歩前進3歩後退の気持ちで、
仕事の合間にコツコツ練習。笑。
でも弾けるようになると嬉しくて、すぐ弾きたくなってしまう。
片時も離さないでそばにいます。今の目標、Myギターを買う!! 笑。

この夏の一番の出会いと思い出は、まだ3ヶ月ですが、
ギターを弾けるようになったことかもしれません。

私の生きていく道に音楽はなくてはならないもの。
耳から入る音楽が心にもたらす影響力はとても大きい。
たくさんの音楽に慰められ、勇気をもらい、今の自分があります。
特に、集中力を高めたり、モチベーションを上げる時に必要で、
集中力が高まると逆に音楽が必要なくなるので、
ステレオを止めて、無音で何時間でも仕事ができる。
こういうスタンスを自分で作ったのかな。
わからないけれど、そういうモチベーションへ持って行ける方法が
あるのは良いことと思います。 食でも何でもそうですが、
自分を知るということは、生きていく上でとても大切なこと。

と久しぶりに書いたblogは、
私がこの夏感じたことのほんのひと欠片をお話しました。
好きなことがある。ということは素晴らしいということです!

9月10日でherissonは、5周年を迎えます!
周りの方々のあたたかい応援とマイペースな私の信念とがあって、
ここまで来れたように思います。
応援をしてくださった全ての方々には、本当に感謝しかありません。
感じることが変化して、herissonの活動ももしかしたら
少しずつ変わってゆくのかもしれませんが、
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

 

お久しぶりです。菜園のトマトが美味しい季節。


とかげとお花380.jpg

おはようございます。
6月の「Go Green Market」の前に更新してから2ヶ月近く、
すっかりご無沙汰いたしました。
6月は、東京、山形での「le Jardin du Herisson」出店のイベントと
銅版画の作品展があり、合間に体調を崩したりもして、
6月のイベントと作品展は、有り難いことにお陰さまで、
とても充実した素敵な日々を過ごさせて頂きました。
遅ればせながら、会場に足をお運びくださった皆様、
行きたくても今回は行けないの〜とご連絡をくださった方々、
全ての方々に心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

7月からまた頑張ろうと思っていた矢先、
熱中症と気管支炎のようなひどい咳が始まってしまい、
約3週間、夜中の咳のお陰で全く元気のない人に・・・。涙。
HPとblogのことも気になりながら、
なかなか何かをやる元気が出ずに7月も終わりに。
それでもやっとここ数日少しずつ元気が出てきて、
久しぶりに菜園にも行ってまいりました。
咳はまだよくなりませんが、そろそろ元気な私が顔を出し始める。
気がします。
ですので、今日は菜園で元気いっぱいに育っている
トマト達をご紹介いたします。

赤くなりかけトマト2016380.jpg

グリーントマト2016380.jpg

菜園を始めて、最初の2年ほどは、
50種類以上のトマト(大袈裟でなく、ホント!)を
植えていましたが、年々数が減り、今年は15種類前後。苦笑。
その年の気候によっても、甘みや味が変わりますが、
今年は甘みがのって、菜園のトマトはなかなか当たり年です。

シンディオレンジ2016380.jpg

こちらは中型のシンシアオレンジ。さっぱりした甘み。 ベネチアンサンセット380.jpg

手前のマーブル柄は、「ベネチアンサンセット」。
>マーブル柄のトマトは、見た目の美しさを楽しむものが多いですが、
この子は、お味もなかなか良く、生で食べても美味しい。
後ろは「純あま」。さくっとした食感でこちらは甘いっ!
2016初収穫380.jpg

左はどれも食用のトマトだけれど、トマトソースになりました。
甘みのあるこのトマト達で作るソースは絶品。
甘いトマト2016380.jpg

右はあま〜いトマトの選別組。
こちらはそのままお口の中に。
シシトウとミニのピーマンも良くなってくれます。
選別組は、フルーツのような極上の甘さ。
そして、酸味も合わせ持つ品種も。
この味を知っているので、どんなに体調が悪くても、忙しくても、
菜園でのトマト作りは止められません。笑。
夏は本当にこのトマト達のお陰で元気をもらっています。
ありがとう〜!まだしばらく収穫させてね。

「GGM」へ連れて行く植物たち。〜アストランティア〜
こんばんは。
明日は「Go Green Market」の搬入日です。
搬入も含めて、いよいよ怒濤の3日間の始まりです。

今夜は「GGM」へ連れてゆくアストランティアをご紹介。
ガーデンでも切り花としても、人気の高い宿根草。
純粋に、可憐で愛らしい花。
この優しい雰囲気が女性から好まれる理由かな。私も好き。
バラと一緒に飾れば、パリスタイルのブーケのよう。

アストランティア-スーパースター380.jpg

アストランティア「スーパースター」。
まだ、流通のとても少ない品種。
グリーンに薄らピンクがかる優しい雰囲気。
茎がすっと伸びるので、切り花でも使い易いです。

アストランティア-フローレンス380.jpg

こちらは、アストランティア「フローレンス」。
通常のアストランティアよりも丈夫に改良されているそう。
昨秋、発注したけれど完売していて、
皆様にご紹介できなかった品種。
咲き始めはホワイト×グリーン。
これが少しずつピンクを帯び、ラベンダー色へと変化する。
色々な表情が楽しめる魅力的なお花です。

ポティンティラ-モナベル.jpg

そして、大好きなポティンティラ。
今回は、深い赤いに黒のスポットが入る、
この「モナークスベルベッド」と
モハモハシルバーリーフが可愛く、
秋のGGMですぐ完売してしまったアルギロフィラが再登場。
イエローにオレンジのスポットが入ります。

明日もupしたいところですが、もしかしたら、次は会場で!
ということになるかも?!しれません。
初めて足をお運びくださる方も、何度も来てくださっている方も、
どなたにも楽しんで頂ける2日間になりますことを願っております。
herissonは、ブース55です。
ぜひお立ち寄りくださいませ。
お会いできますのを楽しみにしております!


 
クニフォフィア「グリーンジェイド」。
いよいよGGMまで、あと数日となりました。
やることがたくさんあるのに、昨夜疲れて作業を続けていたので、
はさみで人差し指の腹をざっくりと切るケガをしてしまいました。涙。涙。涙。
人生でケガワースト3位に入るほどの痛みとキズの大きさで、
切った直後は、すぐ処置しなくちゃと懸命でしたが、
途中からショック状態になり、すっと体から血が引いていきました。
しみじみ人生、ケガなく、元気に生きていられるのって、
すごいなぁ、奇跡だなと思ったりしました。
事故はホントに思いがけなく起こるもの。
皆様もどうぞお気をつけください!

さて、気を取り直して、今菜園で美しく咲いています、
クニフォフィア(トリトマ)をご紹介します。
前からずっと好きだった植物で、広い畑を持ったら、
絶対植えたいと思っていました。
植えてみたら、やはりダイナミックでかっこいい。
しかも丈夫でとても育てやすいです。

トリトマキトリナ2380.jpg

こちらは、クニフォフィア キトリナの咲き始め。
もっと黄色みが強いのかなと思っていましたが、
私の株は、ホワイトから大好きなレモン色になるくらいの色あい。
今年は大きく育ち、花芽が10本以上あがって、更に美しい姿に。

トリトマ-キトリナ380.jpg

斑入り山ぶどうと一緒のキトリナ。

トリトマ ホワイト380.jpg

こちらは、以前千葉県白井にありました「ホワイトガーデン」さん
から、譲り受けた白のクニフォフィア。
今はお庭を公開していませんが、イギリスのシシングハーストの
ホワイトガーデンに感銘を受けて、白を中心とした植栽がされた
お庭は、とても美しかったです。
白のクニフォフィアと教えて頂いたのですが、品種名は不明。
グリーンとホワイトの色あいなので、もしかしたら、
以前から欲しかった「グリーンジェイド」かも?なんて思ったりも。
草丈は150cmくらいあり、直立した草姿が美しいです。

実は、ホワイト×グリーンのクニフォフィア「グリーンジェイド」は、
嬉しいことに、この春とても良い苗を入荷することができました。
ですので、今週末のGGMへ持っていきます。
2本仕立ての立派な株ですので、どうぞお楽しみに。