<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夏の想い出。

 

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
9月に入り、いよいよ秋が近づく足音が聞こえるような、
そんな夜の涼しさが感じられますね。
今年の夏はあっという間に過ぎて、もう9月に。
全くblogが更新されず、どうしているのかしら・・・。と
思われている私ですが、 更新していなかった8月は、
外での仕事で忙しく過ごした後は、創作活動を進めておりました。
blogの更新はもっと気軽に書けば良いのだろうと思うのですが、
特に創作中は、頭の中を別の世界へ持って行きたいので、
現実的な文章を書く気持ちになれず、これがダメなのだなぁと。

 


菜園のお手入れも気になりながら、
夏の間は、台風前のトマトの収穫と草刈りくらいです。
年間を通して、ほぼ草刈りが仕事ではないかと思うほどですね。笑。
少し涼しくなったら秋のお手入れも初めなくては。

 


それからこの夏は、ギターを始めました。
これが思いも寄らぬ楽しさ。笑。
クラシックギターをやっている母から、一緒に弾いて〜。
と言われていたのですが、クラシックギターは難し過ぎて、
「私はいい。」とずっとお断り。
けれど、ずっとまた叩きたいなぁとここ何年も思っていたドラムを
ランチをしていた高校時代の友人が何の前触れもなく、
「実は私ドラムやってみたいんだぁ〜」と
突然話しだしたので、それなら一緒にやろう!ということに。
月に1回ですが、スタジオに入って練習する時間が楽しい。
青春だね〜。
友人がドラムを叩けるようになったら、
私は他の楽器やらないとなぁと考え始めて、
少ない人数のバンドなら、やっぱりギターでしょう!
とギターを練習することに決めました。
家にあるアコースティックギターを仕事の合間に練習。
母のアコースティックギターが大活躍。
それにしても、お母ちゃん、何台ギター持ってんの?!笑。
ピアノを小さい頃からやっていたし、吹奏楽部に入っていたので、
楽器は毎日の練習がどれだけ大切か良く知っています。ので、
今の年齢の私なら、毎日、1歩前進3歩後退の気持ちで、
仕事の合間にコツコツ練習。笑。
でも弾けるようになると嬉しくて、すぐ弾きたくなってしまう。
片時も離さないでそばにいます。今の目標、Myギターを買う!! 笑。

この夏の一番の出会いと思い出は、まだ3ヶ月ですが、
ギターを弾けるようになったことかもしれません。

私の生きていく道に音楽はなくてはならないもの。
耳から入る音楽が心にもたらす影響力はとても大きい。
たくさんの音楽に慰められ、勇気をもらい、今の自分があります。
特に、集中力を高めたり、モチベーションを上げる時に必要で、
集中力が高まると逆に音楽が必要なくなるので、
ステレオを止めて、無音で何時間でも仕事ができる。
こういうスタンスを自分で作ったのかな。
わからないけれど、そういうモチベーションへ持って行ける方法が
あるのは良いことと思います。 食でも何でもそうですが、
自分を知るということは、生きていく上でとても大切なこと。

と久しぶりに書いたblogは、
私がこの夏感じたことのほんのひと欠片をお話しました。
好きなことがある。ということは素晴らしいということです!

9月10日でherissonは、5周年を迎えます!
周りの方々のあたたかい応援とマイペースな私の信念とがあって、
ここまで来れたように思います。
応援をしてくださった全ての方々には、本当に感謝しかありません。
感じることが変化して、herissonの活動ももしかしたら
少しずつ変わってゆくのかもしれませんが、
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

 

お久しぶりです。菜園のトマトが美味しい季節。


とかげとお花380.jpg

おはようございます。
6月の「Go Green Market」の前に更新してから2ヶ月近く、
すっかりご無沙汰いたしました。
6月は、東京、山形での「le Jardin du Herisson」出店のイベントと
銅版画の作品展があり、合間に体調を崩したりもして、
6月のイベントと作品展は、有り難いことにお陰さまで、
とても充実した素敵な日々を過ごさせて頂きました。
遅ればせながら、会場に足をお運びくださった皆様、
行きたくても今回は行けないの〜とご連絡をくださった方々、
全ての方々に心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

7月からまた頑張ろうと思っていた矢先、
熱中症と気管支炎のようなひどい咳が始まってしまい、
約3週間、夜中の咳のお陰で全く元気のない人に・・・。涙。
HPとblogのことも気になりながら、
なかなか何かをやる元気が出ずに7月も終わりに。
それでもやっとここ数日少しずつ元気が出てきて、
久しぶりに菜園にも行ってまいりました。
咳はまだよくなりませんが、そろそろ元気な私が顔を出し始める。
気がします。
ですので、今日は菜園で元気いっぱいに育っている
トマト達をご紹介いたします。

赤くなりかけトマト2016380.jpg

グリーントマト2016380.jpg

菜園を始めて、最初の2年ほどは、
50種類以上のトマト(大袈裟でなく、ホント!)を
植えていましたが、年々数が減り、今年は15種類前後。苦笑。
その年の気候によっても、甘みや味が変わりますが、
今年は甘みがのって、菜園のトマトはなかなか当たり年です。

シンディオレンジ2016380.jpg

こちらは中型のシンシアオレンジ。さっぱりした甘み。 ベネチアンサンセット380.jpg

手前のマーブル柄は、「ベネチアンサンセット」。
>マーブル柄のトマトは、見た目の美しさを楽しむものが多いですが、
この子は、お味もなかなか良く、生で食べても美味しい。
後ろは「純あま」。さくっとした食感でこちらは甘いっ!
2016初収穫380.jpg

左はどれも食用のトマトだけれど、トマトソースになりました。
甘みのあるこのトマト達で作るソースは絶品。
甘いトマト2016380.jpg

右はあま〜いトマトの選別組。
こちらはそのままお口の中に。
シシトウとミニのピーマンも良くなってくれます。
選別組は、フルーツのような極上の甘さ。
そして、酸味も合わせ持つ品種も。
この味を知っているので、どんなに体調が悪くても、忙しくても、
菜園でのトマト作りは止められません。笑。
夏は本当にこのトマト達のお陰で元気をもらっています。
ありがとう〜!まだしばらく収穫させてね。

「GGM」へ連れて行く植物たち。〜アストランティア〜
こんばんは。
明日は「Go Green Market」の搬入日です。
搬入も含めて、いよいよ怒濤の3日間の始まりです。

今夜は「GGM」へ連れてゆくアストランティアをご紹介。
ガーデンでも切り花としても、人気の高い宿根草。
純粋に、可憐で愛らしい花。
この優しい雰囲気が女性から好まれる理由かな。私も好き。
バラと一緒に飾れば、パリスタイルのブーケのよう。

アストランティア-スーパースター380.jpg

アストランティア「スーパースター」。
まだ、流通のとても少ない品種。
グリーンに薄らピンクがかる優しい雰囲気。
茎がすっと伸びるので、切り花でも使い易いです。

アストランティア-フローレンス380.jpg

こちらは、アストランティア「フローレンス」。
通常のアストランティアよりも丈夫に改良されているそう。
昨秋、発注したけれど完売していて、
皆様にご紹介できなかった品種。
咲き始めはホワイト×グリーン。
これが少しずつピンクを帯び、ラベンダー色へと変化する。
色々な表情が楽しめる魅力的なお花です。

ポティンティラ-モナベル.jpg

そして、大好きなポティンティラ。
今回は、深い赤いに黒のスポットが入る、
この「モナークスベルベッド」と
モハモハシルバーリーフが可愛く、
秋のGGMですぐ完売してしまったアルギロフィラが再登場。
イエローにオレンジのスポットが入ります。

明日もupしたいところですが、もしかしたら、次は会場で!
ということになるかも?!しれません。
初めて足をお運びくださる方も、何度も来てくださっている方も、
どなたにも楽しんで頂ける2日間になりますことを願っております。
herissonは、ブース55です。
ぜひお立ち寄りくださいませ。
お会いできますのを楽しみにしております!


 
クニフォフィア「グリーンジェイド」。
いよいよGGMまで、あと数日となりました。
やることがたくさんあるのに、昨夜疲れて作業を続けていたので、
はさみで人差し指の腹をざっくりと切るケガをしてしまいました。涙。涙。涙。
人生でケガワースト3位に入るほどの痛みとキズの大きさで、
切った直後は、すぐ処置しなくちゃと懸命でしたが、
途中からショック状態になり、すっと体から血が引いていきました。
しみじみ人生、ケガなく、元気に生きていられるのって、
すごいなぁ、奇跡だなと思ったりしました。
事故はホントに思いがけなく起こるもの。
皆様もどうぞお気をつけください!

さて、気を取り直して、今菜園で美しく咲いています、
クニフォフィア(トリトマ)をご紹介します。
前からずっと好きだった植物で、広い畑を持ったら、
絶対植えたいと思っていました。
植えてみたら、やはりダイナミックでかっこいい。
しかも丈夫でとても育てやすいです。

トリトマキトリナ2380.jpg

こちらは、クニフォフィア キトリナの咲き始め。
もっと黄色みが強いのかなと思っていましたが、
私の株は、ホワイトから大好きなレモン色になるくらいの色あい。
今年は大きく育ち、花芽が10本以上あがって、更に美しい姿に。

トリトマ-キトリナ380.jpg

斑入り山ぶどうと一緒のキトリナ。

トリトマ ホワイト380.jpg

こちらは、以前千葉県白井にありました「ホワイトガーデン」さん
から、譲り受けた白のクニフォフィア。
今はお庭を公開していませんが、イギリスのシシングハーストの
ホワイトガーデンに感銘を受けて、白を中心とした植栽がされた
お庭は、とても美しかったです。
白のクニフォフィアと教えて頂いたのですが、品種名は不明。
グリーンとホワイトの色あいなので、もしかしたら、
以前から欲しかった「グリーンジェイド」かも?なんて思ったりも。
草丈は150cmくらいあり、直立した草姿が美しいです。

実は、ホワイト×グリーンのクニフォフィア「グリーンジェイド」は、
嬉しいことに、この春とても良い苗を入荷することができました。
ですので、今週末のGGMへ持っていきます。
2本仕立ての立派な株ですので、どうぞお楽しみに。
 
好きな雰囲気を植物とつくる。
herisson商品380.jpg

おはようございます。
いよいよ来週末は「Go Green Market」が開催されます。
GGM公式HPとFacebookでは会場マップも公開されました。

公式HP:http://go-greenmarket.blogspot.jp
Facebook:https://www.facebook.com/GoGreenMarket/?fref=nf

「le jardin du herisson」は、No.55です。
いつもよりもう一歩先へ進んで頂いた場所になりますが、
ほぼ全面解放なので、すぐ見つけて頂けると思います。
一人でも多くの方にお会いできますのを楽しみにしております。

今回新しくご紹介するお品を今夜はご紹介。
少し前から人気がありますガラスドーム(左端)。
落ち着いた雰囲気で、質感も良い2サイズをご用意。
ガラスドームは大切なオブジェなどがホコリに触れないので、
すごく良いです。何を入れるかを考えるのもとても楽しい。
サボテンのドライが入っています。
長い年月をかけてそのままドライにしたもので珍しいです。
​会場へぜひ見に来てください(笑)。

その隣は、古い日本のボトルに蝶々や草花の古い切手を入れたもの。
そして、スウェーデンのキノコちゃん。わかるでしょうか。
どれも1点もの。お気に入りのものを見つけて頂けると嬉しいです。

そしてオリジナルの素鉢。
こちらはイタリア製の素鉢にオリジナルカラーとロゴを入れたもの。
植物は今回色々な品種を持っていくフェルニアの1種。

最後右端は、今とてもお気に入りのフラワーベース。
アンティークではありませんが、雰囲気が良く、
蓋が網状になっているので、切り花を挿していく感覚で、
使い易さもおすすめポイント。

気になるものが何かありましたら、
ぜひブースまで遊びにいらしてください。
バラの季節。
ばら-いおり380.jpg

こんばんは。
毎日があっという間に過ぎてゆき、
下書きしていた記事もUPし忘れて、
気がつけば、もう2週間もUPしていないなんて・・・。絶句。

来週末(6月4.5日)は、いよいよ「Go Green Market」が
調布の京王フローラルアンジェで開催されます。
公式HP http://go-greenmarket.blogspot.jp/p/ggm.html
herissonも出店させて頂きますので、
ぜひ、お時間が許しましたら遊びにいらしてください。

さて、herissonの菜園もとても美しい季節になりました。
今年もバラとクレマチスが元気に咲いてくれています。
最初に咲いてくれたのは、「いおり」。
照りのある丈夫な葉を持ち、たくさんの蕾をつけてくれます。

いおり380.jpg

上品なベージュカラーの花色も好き。

バロンギロンドレイン380.jpg

大好きなオールドローズ「バロン・ジロン・ドレイン」。
菜園で少しずつ太く大きな樹になっています。
この白い縁取りが好きなんです。夕暮れ時の一枚。

クイーンオブスウェーデン380.jpg

そして菜園で大きな株になっている、
「クィーン オブ スウェーデン」とその後ろは、「コーネリア」。
「クィーン オブ スウェーデン」は、ベビーピンクのような、
とっても優しいピンク色で、花柄を切ってあげると、
次々と新しい蕾をつけてくれる、丈夫で優秀な品種。
香りもとっても良いです。

スウェーデンとコーネリア380.jpg

コーネリアはこれで1本?と聞かれるくらいに大きな木に。
何百という可愛いお花をつけてくれます。
もう1番花は散っているものがあるので、丁寧に花がらを摘むと
また繰り返して咲いてくれます。

菜園たて380.jpg

柔らかい夕方の陽を受ける菜園の景色が好き。
右のバラは、「トラディスカント」。
今年はとても良く咲いてくれて、花もちも良い。
今日やっと花がらを一房切りましたが、
まだ10輪ぐらいの蕾をつけた房がたくさん開花待ち。

ジャーマンアイリスを所々に配置して植えていますが、
やはり存在感があって、
お庭の景色をぐっと惹きたててくれます。

6月は2つのイベントと銅版画の作品展をひかえていますので、
blogでも告知させて頂く予定です。

イベントでは、元気な株のレアな宿根草や多肉植物もお持ちします。
植物がお好きな方もぜひ遊びにいらしてください。


 
牡丹「ゴーギャン」。
牡丹 ゴーギャン380.jpg

こんばんは。
今夜は、とても美しい牡丹「ゴーギャン」をご紹介。
菜園に何本かのシャクヤクが植えてあり、年々お花の数も増えて、
ダイナミックなお花が咲くとその存在感は格別。
けれども、牡丹はいつか自分の広い土地を見つけたら、
幾種類も植えてみたいと思って、我慢をしていた植物の1つ。
でも、出会ってしまいました。
純白の牡丹も大好きだけれど、この色あいに一目惚れ。

牡丹ゴーギャン380.jpg

という訳でこの春から私の子になりました、
アメリカ生まれの牡丹「ゴーギャン」です。
植物も本当に出会いです。一期一会。

Peony "Gauguin"(1960年 Nassos Daphnis作出)。
こんなに美しいのに、
あっという間にお花ははらはらと散って・・・。
でも儚いからこその美しさなのかも。
大切にするからおおきく育って、ずっとそばにいてね。
セントーレア「チェイランティフォリア」
セントーレア チェイランティフォリア380.jpg

こんばんは。
GWが終わり、また静かな毎日が始まりました。
昨日の母の日には、お母様に感謝の気持ちを伝えられましたか。
ささやかなことでも、「ありがとう」の一言でも、
感謝の気持ちを伝えてもらったら、どんなに嬉しいでしょう。
母の日に限らず、感謝の気持ちをいつも素直に伝えられたら、
それはとっても素敵な生き方だと思います。

さて、連休中も菜園のお手入れをしています。
菜園の景色も随分賑やかになって、バラの季節がいよいよ到来です。

昨秋、herissonのHP、そしてイベントでも販売しました、
「セントーレア チェイランティフォリア」が咲き始めました。
透き通るような美しい花びらで、大きな花が80cmほどの草丈の先に
咲く姿はとても美しい。
草丈があるので、育てる環境によっては、茎が倒れてしまったり、
広がったりする場合があると思いますが、それは支柱をしたり、
ひと工夫で、十分にこの植物の美しさを楽しんで頂けます。
湿度の少ない北国では、恐らく茎もシャキン〜と真っすぐ伸びて、
この植物の本来の美しさを保てるのでしょうね。
それでも、このお花、とっても素敵です。
この春も良い苗が入荷できたら、
6月のイベントで販売したいと思っています。

セントーレア チェイランティフォリア蕾380.jpg

蕾も少しトゲトゲしていて、あざみのようで可愛い。
 
アジュガ ピンクエルフとゲウムが美しい。
ピンクエルフとフロックス380.jpg

こんばんは。
本日も菜園の様子をご紹介します。
オーレアの葉が、菜園でも目を惹くアジュガ「ピンクエルフ」。
お花が立ち上がると、さらに存在感抜群です。
とても丈夫で、成長が良く、花色はピンクで可愛いらしい。
春先の黄金葉がとても美しいオススメの品種。
その左後ろは、咲き始めたチョウジソウ。優しい水色も好き。
右側が白に近い薄いブルーのフロックス。
どれも植えっぱなしで毎年良く咲いてくれます。

ティアレラ「パシフィックトラスト380.jpg

こちらは、大好きな植物。ティアレラの葉の切れ目が深い品種、
「パシフィックトラスト」。
こちらも少しずつ増やして群生させたい植物です。
早く大きくなあれ。

菜園20161-380.jpg

まだグリーンが多い菜園の中心のメインストリート。
これからジャーマンアイリスが咲いて、その後には、
アカンサススピノーサスが咲いて・・・、賑やかになります。

ドワーフコンフリー2016.jpg

元気で丈夫、そして良く増えるドワーフコンフリー。
お花が可愛い。
花期が長いのでしばらくこの清楚な姿を楽しめます。

ゲウム-マイタイUP380.jpg

そして、待ってました〜。お気に入りのゲウムたち。
まずは、ゲウム「マイタイ」。
まだ作られる方が少ないため、お値段も他のゲウムと比べると、
少し高いけれど、それでもこのアプリコットの優しい色と
丈夫さを考えると、それだけの価値があるオススメ品種。

ゲウム-リバレ380.jpg

こちらは、ゲウム「リバレ」。

ゲウム-バレリ380.jpg

このちょっと下向きで控えめに咲く姿が私はかわいい。
この子はだいぶ大株になりました。
今年はいつもより少し草丈が長いような・・・。
気温のせいかな。

多肉植物たちもお花がたくさん咲いて、かわいい。
こちらは、イベントへ連れて行くものが多いので、
5月中に少しずつご紹介してゆきます。
菜園の植物たち。フェチダスとプリムラ ベリス。
こんにちは。
カレンダー通りに祭日を取ることの出来る方は数日お仕事を休むと、
昨日からの長い連休ですね。
雨の日もちらほらしていますが、お出かけになる方には、
青い空に恵まれたお天気になりますように。

私は、イベントの準備と銅版画の作品展の制作で、
気持ちはそわそわ、やることは山のように・・・。笑。

そんな中、菜園も毎日表情を変えて、私を待ってくれているので、
少しでも多くお手入れをしたい。

フリチラリア-ペルシカ-380.jpg

お手入れの合間に花たちの様子を眺めるのが何より楽しい。
こちらは、少し前に蕾を紹介しましたフリチラリア「ペルシカ」。
真っすぐ伸びて、満開に咲く姿はかっこいい。
この初年のダイナミックさが次年以降も続けばいいなぁ。
と思うけれど、少しずつ小さくなっていってしまう。
今年は、花後の管理にもう少し気をかけてみたいと思っています。

フェチダス「イエローブリオン」380.jpg

フェチダス「ゴールドブリオン」。
他のクリスマスローズより晩生で、今が見ごろ。
オーレアの葉がとても目立って素敵だったけれど、
お花もボリュームがあって可愛い。
夏の管理に気を配る。

八重咲きプリムラベリス380.jpg

そして大好きなプリムラベリスたち。
こちらは八重咲き「ケイティ・マクスパローン」。
(Primula veris 'Katy McSparron')
300年ほど前に園芸品種として改良されてから、
始めての八重咲き品種だそう。

もともと一重の原種に近いカウスリップをずっと探していて、
最近園芸店でも園芸品種の一重は見かけるように。
カウスリップの黄色は、菜の花の色に似ていて、春の色。



こちらは、赤いプリムラベリス「サンセットシェード」。
これは可愛い!!!と一目惚れした品種。
菜園を埋め尽くしてくれても良いほど増えて欲しい。笑。
プリムラベリスは管理も容易で、しかも増えてくれる,
オススメの植物です。
毎日植物たちが新しい顔を見せてくれるこの季節。
6月のイベント用に養生している多肉植物とともに、
少しでも多く皆様にご紹介してゆきたいと思います。

〈 6月のイベント予定 〉
6/4、5  「Go Green Market」  東京都調布市
6/18、19  「野の市 ののの市」   山形県寒河江市
6/22〜28    銅版画 作品展             東京都銀座

2つのマーケットは、芝生の広がる緑に囲まれた気持ちの良い空間。
銀座のギャラリーはしっとりと落ち着いて、作品を楽しめる空間。

爽やかな季節、お散歩がてら、
足をお運び頂けましたら、嬉しいです。
一人でも多くの方にお会いできますことを
心より楽しみにいたしております。