<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グリーンスムージーで夏バテを予防したい。 | main |
ガガイモ科の花たち

こんにちは。今年は暑い日がいつまで続くのでしょうか・・・。少し肌寒い朝が何だか恋しいような。笑。

 

ガガイモ科の植物、ここ最近の多肉植物ブームで、時々、ホームセンターなどでも見かけるようになりましたが、お花がないと至って、地味な植物。笑。昔、「変わったもの好きだね・・・。人気ないんだよね、これ。」と生産者さんに言われて、かわいいのになぁと思って、細々集めて育ててきました。

 

株が充実してくれると、結構長期にわたってお花をつけてくれます。

 

オルベアHP.jpg

 

この子は、最も新しい家族です。

植物体が亀甲模様みたいな雰囲気で、5mm弱くらいの小さな小さな花を咲かせます。以前から育てている似た雰囲気のものにも更に小さな小豆色みたいな花が咲き、初めて見た時は可愛すぎて感動しました。ガガイモ科のエキドノプシス。

 

 

阿修羅.jpg

 

そして、フェルニア・ピランシー交配のこの子。ピランシー系は草姿がカッコイイのですが。花はピランシーそのものよりも交配のこの子の方が柔らかい雰囲気で好きです。

 

そして、herissonで育てているガガイモ科の植物達は、ハエを呼び寄せるためrの腐敗臭がない品種なので、純粋に可愛いなぁと楽しめます。他にもたくさんの品種を育てているので、お花が咲いたらまたご紹介しますね。

 

COMMENT