<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 牡丹「ゴーギャン」。 | main | 好きな雰囲気を植物とつくる。 >>
バラの季節。
ばら-いおり380.jpg

こんばんは。
毎日があっという間に過ぎてゆき、
下書きしていた記事もUPし忘れて、
気がつけば、もう2週間もUPしていないなんて・・・。絶句。

来週末(6月4.5日)は、いよいよ「Go Green Market」が
調布の京王フローラルアンジェで開催されます。
公式HP http://go-greenmarket.blogspot.jp/p/ggm.html
herissonも出店させて頂きますので、
ぜひ、お時間が許しましたら遊びにいらしてください。

さて、herissonの菜園もとても美しい季節になりました。
今年もバラとクレマチスが元気に咲いてくれています。
最初に咲いてくれたのは、「いおり」。
照りのある丈夫な葉を持ち、たくさんの蕾をつけてくれます。

いおり380.jpg

上品なベージュカラーの花色も好き。

バロンギロンドレイン380.jpg

大好きなオールドローズ「バロン・ジロン・ドレイン」。
菜園で少しずつ太く大きな樹になっています。
この白い縁取りが好きなんです。夕暮れ時の一枚。

クイーンオブスウェーデン380.jpg

そして菜園で大きな株になっている、
「クィーン オブ スウェーデン」とその後ろは、「コーネリア」。
「クィーン オブ スウェーデン」は、ベビーピンクのような、
とっても優しいピンク色で、花柄を切ってあげると、
次々と新しい蕾をつけてくれる、丈夫で優秀な品種。
香りもとっても良いです。

スウェーデンとコーネリア380.jpg

コーネリアはこれで1本?と聞かれるくらいに大きな木に。
何百という可愛いお花をつけてくれます。
もう1番花は散っているものがあるので、丁寧に花がらを摘むと
また繰り返して咲いてくれます。

菜園たて380.jpg

柔らかい夕方の陽を受ける菜園の景色が好き。
右のバラは、「トラディスカント」。
今年はとても良く咲いてくれて、花もちも良い。
今日やっと花がらを一房切りましたが、
まだ10輪ぐらいの蕾をつけた房がたくさん開花待ち。

ジャーマンアイリスを所々に配置して植えていますが、
やはり存在感があって、
お庭の景色をぐっと惹きたててくれます。

6月は2つのイベントと銅版画の作品展をひかえていますので、
blogでも告知させて頂く予定です。

イベントでは、元気な株のレアな宿根草や多肉植物もお持ちします。
植物がお好きな方もぜひ遊びにいらしてください。


 
COMMENT