<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クリスマスローズ「クレオパトラ」 | main | 菜園のお手入れとクリスマスローズ達。 >>
テーブルウェア・フェスティバル 2016〜シックで優しい春の演出〜
テーブル グリーン380.jpg

こんにちは。
あっという間に2月も1週間が過ぎました。
毎年1、2月は忙しい時期で、ここのところblogもFBもそのままに。
でも、春に向けて植物も世の中も、確実に動いています。
私も春に元気に動けるように下準備をしっかりやらなくては。

ところで、昨年秋にGGMで草花の苗をご購入下さいました皆さま、
植物たちは元気にしていますか?
地上が枯れてなくなった植物も土の下では確実に春に元気いっぱい活動する準備をしています。土が乾いたらたっぷりお水をあげるのを基本に、春の訪れを待ってくださいね。
カラカラに水切れしてしまうほど、お水やりを忘れてしまったり、室内でジメジメと水分を常に含んだような状況でなければ、どれも元気のよい苗でしたので、枯れることのない丈夫なものです。今地上が枯れているものがあっても、それは新芽が春に出てきます。
私の菜園の植物たちも冬場の環境がかなり悪いので、寒さにそれほど弱くない植物でも枯れることがありますが、昨年販売した植物はどれも元気いっぱい。
一緒にお花が咲く春を楽しみにいたしましょう。

久しぶりだと書きたいことがいっぱいです。本日のテーマに戻りますと忙しいながら、毎年どうにか時間を作って足を運ぶ東京ドームで催される「テーブルウェア・フェスティバル」。

今年の洋食器のメインエリアは特にとても素敵でした。
こちらは、スズランをモチーフにコーディネートされたテーブル。柔らかいモスグリーン系の色あいと蝶々をあしらったイエローの器の組み合わせに春を感じます。母がスズランが大好きなので、小さい頃からスズランが良く飾られていましたし、小さくうつむいたあの花姿は私も大好き。アンティークのデザインにも使われます。子どもの頃、母がつけていたパヒュームは、決まってリラかスズランでした。



2016年のトレンドカラーの1つでもあるピンクをイメージしたテーブルは、バラのモチーフの器をセレクトしていたこともあり、飾られたお花もブーケのような華やかなもの。ピンク、ホワイト、グリーンの統一感のある色あいが、清々しさを与えてくれます。春のGGMで作るherissonのブーケにも雰囲気が似ています。

テーブル ラベンダー380.jpg

こちらもシックな大好きな色あい。
そしてダイナミックなカラーとダリアの生け方が粋ですね。
器のシャビーシックな色あいも優しい気持ちになります。

今年のメインの洋食器のエリアはテーブルと壁面のこの淡い微妙な色合いが素敵でした。次回は素朴でフランスらしいテーブルとスウェーデンの器を。
COMMENT