<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夏の想い出。

 

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
9月に入り、いよいよ秋が近づく足音が聞こえるような、
そんな夜の涼しさが感じられますね。
今年の夏はあっという間に過ぎて、もう9月に。
全くblogが更新されず、どうしているのかしら・・・。と
思われている私ですが、 更新していなかった8月は、
外での仕事で忙しく過ごした後は、創作活動を進めておりました。
blogの更新はもっと気軽に書けば良いのだろうと思うのですが、
特に創作中は、頭の中を別の世界へ持って行きたいので、
現実的な文章を書く気持ちになれず、これがダメなのだなぁと。

 


菜園のお手入れも気になりながら、
夏の間は、台風前のトマトの収穫と草刈りくらいです。
年間を通して、ほぼ草刈りが仕事ではないかと思うほどですね。笑。
少し涼しくなったら秋のお手入れも初めなくては。

 


それからこの夏は、ギターを始めました。
これが思いも寄らぬ楽しさ。笑。
クラシックギターをやっている母から、一緒に弾いて〜。
と言われていたのですが、クラシックギターは難し過ぎて、
「私はいい。」とずっとお断り。
けれど、ずっとまた叩きたいなぁとここ何年も思っていたドラムを
ランチをしていた高校時代の友人が何の前触れもなく、
「実は私ドラムやってみたいんだぁ〜」と
突然話しだしたので、それなら一緒にやろう!ということに。
月に1回ですが、スタジオに入って練習する時間が楽しい。
青春だね〜。
友人がドラムを叩けるようになったら、
私は他の楽器やらないとなぁと考え始めて、
少ない人数のバンドなら、やっぱりギターでしょう!
とギターを練習することに決めました。
家にあるアコースティックギターを仕事の合間に練習。
母のアコースティックギターが大活躍。
それにしても、お母ちゃん、何台ギター持ってんの?!笑。
ピアノを小さい頃からやっていたし、吹奏楽部に入っていたので、
楽器は毎日の練習がどれだけ大切か良く知っています。ので、
今の年齢の私なら、毎日、1歩前進3歩後退の気持ちで、
仕事の合間にコツコツ練習。笑。
でも弾けるようになると嬉しくて、すぐ弾きたくなってしまう。
片時も離さないでそばにいます。今の目標、Myギターを買う!! 笑。

この夏の一番の出会いと思い出は、まだ3ヶ月ですが、
ギターを弾けるようになったことかもしれません。

私の生きていく道に音楽はなくてはならないもの。
耳から入る音楽が心にもたらす影響力はとても大きい。
たくさんの音楽に慰められ、勇気をもらい、今の自分があります。
特に、集中力を高めたり、モチベーションを上げる時に必要で、
集中力が高まると逆に音楽が必要なくなるので、
ステレオを止めて、無音で何時間でも仕事ができる。
こういうスタンスを自分で作ったのかな。
わからないけれど、そういうモチベーションへ持って行ける方法が
あるのは良いことと思います。 食でも何でもそうですが、
自分を知るということは、生きていく上でとても大切なこと。

と久しぶりに書いたblogは、
私がこの夏感じたことのほんのひと欠片をお話しました。
好きなことがある。ということは素晴らしいということです!

9月10日でherissonは、5周年を迎えます!
周りの方々のあたたかい応援とマイペースな私の信念とがあって、
ここまで来れたように思います。
応援をしてくださった全ての方々には、本当に感謝しかありません。
感じることが変化して、herissonの活動ももしかしたら
少しずつ変わってゆくのかもしれませんが、
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

 

「ルーシー・リー展」〜郡山市立美術館〜
郡山美術館380.jpg

こんばんは。
この2日間は、風は少し強かったものの
ポカポカと暖かい春の陽射しでしたね。
暖かさを感じて、植物の芽ががすくすく伸びています。

今夜は現在、郡山市立美術館で開催されています、
「没後20年 ルーシー・リー展」をご紹介します。
昨年この展覧会が始まった時に是非行きたいと思っていて、
すっかり忙しくて忘れてしまっていたら、
1、2月お世話になった仕事先の出版社の
本棚のちょうど見えるところに、
ルーシー・リー展を特集した雑誌が。
「お〜!そうだった!」と調べてみましたら、
残りの展示会場は郡山と静岡。
「う〜ん、これはどうしても行きたい。」
ということで、少し前になりますが、
2月にクリスマスローズの生産者さんを訪れる途中で、
郡山に寄りました。

ルーシー・リー展.jpg

初めて訪れた郡山市立美術館。
木目の美しい落ち着きのある素敵な造りで、
平日の昼間ということもあり、東京ではありえないほど、
ゆっくり見ることができました。
食い入るようにじっくり眺めることができて満足。笑。

ルーシーリー展380.jpg

こういう巡回展のポスターは各美術館ごとに、
異なるデザインで作られているのですね。
調べていて初めて知ったのですが、私は、美術館と同様、
この郡山市立美術館の「ルーシー・リー展」のポスターが
とても好きです。
同じ写真を使っても、フォントやその配置、色の出し方で
全く異なる出来上がりになるのがデザイン。
仕事柄、どうしてもすぐそこに目がいってしまいます。
郡山のポスターは私の好みにピッタリはまっていました。
「素敵〜」とパチリ。

器がお好きな方には、是非一度は観て頂きたいなぁと思う、
ルーシーさんの器。
彼女の作り出す造形とあの釉薬から生まれる色彩は、本当に美しい。
特にあの質感と色を引き出すことのできる、
彼女の魔法のような釉薬の使い方は、
彼女の情熱と熱心な研究によって、
習得された深い知識があってこそなのだなぁと感じました。

左が今回の図録。右が郡山市立美術館のDM。
どちらも素敵。
郡山市立美術館での開催は来週3月21日までです。あと3日!
もしお近くの方でご興味のある方は、
ぜひ足を延ばされてはいかがでしょうか。

ルーシーリー展図録380.jpg

そして、おまけ。笑。
郡山のお蕎麦やさん。
いつもは混んでいて、お断りすることもあるそうですが、
幸運にもゆったり入れた郡山で美味しいと評判のお店。
ダイコンと辛みダイコンの汁に好みでおそばつゆを入れて、食べる。
お蕎麦も地元のものをお父さんが打っているそうで、香り豊か〜。
美味しいっ。また行きたいお店です。

郡山おそば.jpg


 
創作の日々。
こんばんは。
久しぶりのブログ更新です…。笑。
ご無沙汰している間にすっかり涼しくなりました。
菜園の様子も気になりますが、雨の日が多くてなかなか・・・。
それもあって、8月は創作する時間を多く作りました。
創作する時は、頭を日常の忙しさから少し切り離し、
脳をゆったりとリラックスさせて、
想像の世界へ自由に心を羽ばたかせることがとても大切。
頭に突然ふとアイディアが湧き出てきたら、
速攻メモです。忘れっぽいので。苦笑。
好きなものに囲まれるのも、想像力を働かせるのにとっても有効。
やはり好きなものはテンションが上がります。

創作 アトリエ mina.jpg

眼だけではなく、耳からもインスピレーションが。
音楽も私にとって、とっても大切なもの。
カレル・チャペックの「ダーシェンカ」は愛読書の1つ。
絵を描くテーブルの一角に好きなものを並べて。

アトリエ 版画.jpg

私の家族だったテリア犬の雑種、
レオ(ナルド)の絵は、つい楽しくて、
あっちにもこっちにもパラパラと走り書きをしてしまう。
お友達のherissonも入れたよ。

銅版画 メゾチント mina.jpg

描きたいものを何度もスケッチして、
自分のものになったら版画の原画を描く。
デッサン力はまだまだだけど、あきらめずひたすら描くのみ!
コツコツと努力して前進する作品作りは、山登りに似ていると思う。
そして大切なことは、技術を追って心を入れ忘れないように。
心を込めて作品を作ることが何よりも大切と思っています。

ここのところ、かなり詰めて作品作りをしていたので、
とっても気持ちがいい。
自分の描く想像の世界に入って、
すっかり楽しくなっちゃっています。笑。
こうなると作品を生み出すにはとても良い心の状態。
本当は、しばらくこのまま作品作りをしていたいなぁ。
なんて気持ちに。
そうもいかないのがちょっぴち残念ですけれど、
9月は「le jardin du herisson」が4周年を迎えますし、
鉢や植物の販売の準備をしたりとやりたいこともいっぱい。
皆さま、9月からの「le jardin du herisson」を、
どうぞ宜しくお願いいたします。
 
大自然を楽しむ〜南アルプス 北岳〜
北岳 岩場2.jpg

こんばんは。
暑い毎日が続いていますが皆様お元気でしょうか。
私はちょっと参っているかな・・・。苦笑。
でも先日、久しぶりに登山へ行ってまいりました。
南アルプスに聳える日本で2番目に高い山、北岳(3193m)へ。
大自然と美味しい空気が私を迎えてくれました。

北岳 あざみ.jpg

黒とピンクのコントラストが素敵でした。

北岳お花1.jpg

北岳 岩場の花.jpg

岩場に咲くお花が素敵。
でも写す時はちょっと命がけ・・・。苦笑。慎重に。

北岳1.jpg

まるで空に向かって登っているみたい。

北岳お花2.jpg


北岳 お花畑3.jpg

ここはスイスの山か・・・。
なんて美しいのでしょう。
こんなに美しく植物が咲き乱れてのを見ることができたのは初めて。
倖せです。

北岳 山頂からの富士.jpg

山頂近くにテントを張って一泊。
朝焼けに浮かぶ富士山〜!やった!見えたっ。

北岳山頂からの朝日.jpg

朝日が昇り、雲がくっきりと。
言葉に表せない美しさ。
夜の満天の星空もそれはそれは素晴らしかったです。


北岳 岩場.jpg

2日目は、朝5時に山頂へ向けて出発。
「ロード・オブ・ザ・リング」の映画のような岩場が続きます。

北岳山頂 と私.jpg

前日は山頂に登っても、ガスで何も見えなかったそうですが、
素晴らしい景観をはっきりと見る事ができました。
富士山も雲の合間に見えたっ。やったっ!私のあんよとパチリ!

北岳 お花畑.jpg


北岳 コマクサぽい.jpg


北岳 お花.jpg


北岳 シレネ.jpg

大好きなマンテマが〜。喜々!

北岳 黄色のお花.jpg


北岳岩場.jpg

上の方は岩場が続きました。
大好きな岩場をコザルのようにピョンピョン降りて来て、
すっかり筋肉痛に・・・。反省しました。
ゆっくりペースを保って歩く事が登山には大切。
次からは少しだけ心がけよう。

山頂の雲.jpg

夕陽に染まる雲たちの美しさ。
登って良かった・・・。

 
森から見上げた秋の空・・・。
blog20141002-3.jpg

こんばんは。朝晩はすっかり冷えてきました。
大きな木の下にこぼれるように落ちているドングリを
喜々として拾った後に、ふと見上げたら、
なんて美しい空が広がっているのでしょう。
きれいだね〜。シアワセダネ・・・。
空は、世界のどこにいようと、
見上げる人の心と心を繋いでくれます。

blog20141002.jpg

いつから見守ってくれているのだろうという立派な樹と
暮れてゆく陽のコントラストが何ともいえません。
こんな風景も秋ならでは・・・かな。
惚れ惚れしながらパチリとやりました。
もう少し寒くなると空の色がまた違ってきますね。
秋はシアワセがいっぱいです。
美しい秋の空。
blog.0911sora.jpg

こんにちは。
一昨日の雨上がりの夕暮れ。
なんともいえない美しさで思わずパチリ。
空のどんな表情も好き。
満月の夜のことでした。
今日も朝から激しい雷雨が続いています。
それでも雨の後には、
澄んだ美しい青空が私達を迎えてくれるはず。
頑張ってまいりましょう〜!
新幹線に乗って。
通過中.jpg

こんにちは。
3月に入り、大切な用事で急遽福岡へ向かうことになりました。
久しぶりの新幹線、しかも福岡までは初めての旅。
夜になり、ひっそりした駅もありました。

九州駅.jpg


目に映るものすべてが初めての風景。
九州。まで来たんだ〜と感じさせてくれるものに
目が釘付け。
夜の写真はコントラストが美しく、
いつもと違った風景を演出してくれます。


JR九州1.jpg

じゃじゃ〜ん!
これがお伝えしたかった。
「わぁっ〜!」と歓声をあげたJR九州の車両。
北欧デザインのような、素敵な車両。
停車する時のベルの音もまたかわいらしい。

JR九州2.jpg

窓の外に映るのは、車両の外側。
メタリックな渋い色にシンプルな車体。
ヨーロッパの長距離列車のような雰囲気。
今回の旅の感動の1つが列車の美しさでした。

直方の空.jpg

もちろん空もきれいだった・・・。
おばあちゃんちの古い樹と青い空。

そして現在。
関東へ戻ってまいりました。
気持ちを切り替えて、またHerissonの春へ向けて
始動いたします。
 
真っ白な世界から春に向かって
2014.214-1.jpg 

こんばんは。
ちょっぴりお久しぶりです。
新年早々から携わって進めてきたデザインの仕事が、
ようやく終盤に差し掛かってまいりました。
2月に入ってからは、さすがに心身ともにしんどくなって、
こちらへ載せる写真も撮れず、いささかお疲れ気味。
ですが、やっとひと呼吸いれて、
リラックスできる日が近づいてまいりました〜! 笑。

今月下旬から、herissonも春へ向けて,
新しくご紹介したい品々などをupしたり、
今年やってゆきたい企画を実行にうつしてゆきたいと思います。

さて、今日も関東は朝から雪・雪・雪でした。
先週末に降った雪の質とは少し違いますが、
なかなか降り止まない水分の多い今日の雪も
明日をどのような世界へ導いてゆくのでしょうか・・・。

私のそばにずっと長くいて見守ってくれているフクロウさん。
雪が降るといつも頭に真っ白な帽子を被って、
じっと寒さに耐えていますが、
今年は棚の下にちょっこり隠れたようで、
周りの鉢がこんもりもりと降り積もっているのに、
彼は無事だったようです。
けれど、あんまりたくさん降ったので、
ちょっと驚いてもいるようでした。
自分が真っ白な海原にすっぽり埋もれやしないかなぁってね。
オドオドしているようにみえましたもの。

もし仕事へ出なくて良い日に大雪になったら、
それはどこにも出掛けられないという気持ちになって、
静かに室内での仕事やお休みを堪能できて、
とっても落ち着いて良い気分でいられそう。
けれど反対に大雪の日に出掛けなければならない時は、
ダイヤの乱れた電車とバスを使うことを考えると少し憂鬱な気分に。
ですので、こんなお天気でも毎日お仕事へお出かけになる方には、
頭が下がります。
私は先週末も今週末も大事な仕事が入っていて、
どうしても出掛けなくてはならないので、
実は今夜もちょっぴりだけ憂鬱な気持ち。
どれだけ早めに出なくちゃいけないかなぁと。苦笑。
それでも、前に向かって進むのさぁ〜と鼻歌を歌いながら、
朝早めに出て、1日頑張りたいと思います!
お出かけになる方は、どうぞ足元にお気をつけて。

大好きなお寿司を食べる。
 2014,01.15.jpg

先日、仕事のお昼休みに皆でお鮨を食べにゆきました。
私は初めて連れて行ってもらったお店ですが、
ランチなのに、なかなか素敵なお寿司で、おぉ〜!と思わずパチリ。
本当は、そのお鮨やさんの前の和菓子屋さんで、
月に1度お餅つきをしている。というので、
それを見たい〜!と連れて行ってもらったのですが、
寒かったせいか、それとも年末年始にお餅をつき過ぎたのか・・・。
お餅つきはやっていなかった・・・。

それでも、お鮨やさんで、美味しいお寿司を頬張り、
海老のお出汁たっぷりのお味噌汁を飲んで、
ホクホク気分で午後の仕事、頑張りました〜。

美味しいものを頂くと、
お料理のアイディアも湧いてくるので、
嬉しいです。

そして今日。
仕事先へ行く途中で、北欧らしきCAFEを発見!
怪しい人のように、外から凝視していました。
チェーン店の喫茶店が、
新たな戦略として始めたようです。
menuも北欧の食材を使ったもの。
近く行ってみたいと思います〜。
美味しいかな。
前に向かって歩くよっ!〜青いそら〜
 blog.2014.0106-3.jpg

2014年もいよいよ始動開始です。
わたしは、明日からデザインの仕事が忙しくなります!
いきなり繁忙期だっ…。焦。

そんな訳で、久しぶりの連休。
お正月はゆっくり家で過ごし、
4日は、のんびり田舎道を果てしな〜く歩きました。
ミチナキミチ・・・?
小さな小川沿いを大好きな冬色の植物に囲まれながら、
黙々と歩く時間は、なんて穏やかで倖せでしょう。
た、楽しいっ!喜々。

手作りサンドウィッチを小さな農道の片隅で頬張りながら、
お日さまの暖かさをホクホク、
そして太陽が私たち地球を遠くから、
照らしてくれる有り難みを感じました。

「紫外線」。
それは色々な悪い影響を私たちに与えたりしますが、
私達地球上の生き物は、
太陽の熱と光からそれ以上に
数えきれないほどたくさんのものを
いただいています。
誠に感謝なしには生きられないのです。

そして美しい青い空はどこまでも続きます。
SWEDENを離れる時に、
「離れていても空は日本と繋がっているよ。」って言われました。
本当にそうだなぁと思ってた。

アリガトウ〜!

blog2014.0106-1.jpg

鳥たちにも出会った。
「どこから来たの・・・?」
まぁ、いいか。
お話しましょう。と思ったけれど、
悲しいかな、目的は私ではなく食べものかしら・・・。苦笑。
何もないよ〜。シクシク。
おやつを持ってくる代わりに新鮮な卵を1つ産んでくれたりしたら
嬉しいかもっ。苦笑。
鳥さんとの物々交換も楽しいカナ。

私が、マクロビオティックやオーガニックな食事を学んでから
10年以上が過ぎました。
SWEDENでは完璧にマクロビオティックな暮らしを
実践している家庭で学ばせて頂きました。
それは偏に尊敬する暮らしでした。
そして、毎日の暮らしの中で、
食べることの大切さを痛感することがたくさんあります。
そんな自分自身の毎日と、食べものと暮らしを感じる中で、
私が思うのは、食事は楽しく摂るということが
とても大切ということです。
体に良いものを食べるということは大切なことだと思いますが、
お肉やお魚、そして卵やミルクも、
時に大好きな家族と楽しく幸せな食卓を囲むためには、
食べて良いものだと思います。
ちなみにマクロビオティックでは食べてはいけないと
禁止する食材はありません。
良質なものなら偏りなく食べて良いのです。
残念ながら良質なものは選ばないと見つけられないということも
現実ではあります。

ただ、そんな中、自分で育てた野菜は安心で本当に美味しい。
自然栽培で見た目は悪くても、味は豊かと私は感じます。
ですので、食材に偏ることはなく、
本来の味を持つオーガニックな食材を活用しながら、
それぞれが楽しめる食卓と食卓を囲む暮らしを
皆さんと一緒に考えてゆきたいと考えています。

あらっ、知らぬ間に、今年の豊富を熱く述べていました〜。苦笑。
それならもう1つの豊富もお伝えしてしまおうかしら。
自分を奮い立たせるために!

もう1つは、Herissonを通して、
色々な形の表現をしてゆきたいということ。
それは、私自身の創作活動に
もっと力を入れてゆきたいということで、
今年はそれを形としてスタートさせたい。
という気持ちが強くあります。
Herissonはただモノをご紹介するという場ではなく、
私にとってはとても深い思いと意味があります。
ですので、私自身もどんなことをできるかなぁと楽しみです。

デザインの仕事と食にまつわる暮らしを
上手く両立しながら進めてゆけたらよいなぁ。
もしかしたら、年末頃は、やっぱり同時には無理かも?
てなことになるかもしれませんが、
とりあえずチャレンジしてみたい!
と思っておりますので、
どうぞ戯言とお許しくださいませ。
創作活動は一生続けてゆきたい。
そして食というのは、特出しなくても
人が暮らす上で不可欠なものなので、
私の暮らしに必ず関わり続けるものです。
ですから、そういう意味で、
食にまつわる暮らしがもっと私的なものになったり、
自然なものとなってゆくという可能性が大きいかなと思います。

皆さまは2014年をどのように過ごしたいと
思っていらっしゃいますか。
毎日を健康に倖せだと思って暮らせるということは、
とっても素敵で、何よりも大切なことです。
でも、何かにチャレンジしてみたいと思う方がいらっしゃったら、
迷わず、ぜひチャレンジしてみて欲しい。
一緒にがんばりましょう!
今年もよろしくお願いしますっ!